冷えを解消するサプリメント

冷え性を改善するのに、サポート的な存在で冷え性を改善する効果があるというサプリメントを購入したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。けれど実は、冷え性改善サプリとは、その時だけ体が温まるものと、冷え性を根本から改善するように働きかけてくれるサプリがあるのです。ここでは、冷え性サプリとその効能などについて、ご紹介してます。

<冷え性改善サプリの定番素材とは?>
冷え性を改善するといわれるのに使用される、定番の食材は、生姜といえるのではないでしょうか?それに、ニンニク、黒酢、卵黄など?確かに生姜を摂取すると、体がポッポするのを感じる方も多いですし、ニンニクは体の末端を温めてくれる効果があることが期待できます。さらに、酢は血の流れを改善し、卵黄は滋養がつくため、効きそうですよね?
実際サプリを飲んでいるときは、体の冷えは改善されたように感じるかもしれませんが、根本である冷え性の原因が治らない限り、サプリを飲むことをやめてしまうとまた冷え性になってしまうのです。

<どんな冷え性改善サプリがおすすめか?>
冷え性を改善したい方は、根本から体に働きかけてくれるサプリメントを探すのが一番といえるかと思います。

そこでチェックしたいのが、どのような成分から成り立っているかということです。ビタミン、ミネラルなどがたっぷり含まれているもの、栄養素がバランスよく摂取できるようになっているもの、そこで体の冷えの解消も促してくれるもの。さらにできれば、本物の食材をサプリメントに閉じ込めた形のものが体にとっても安心ですね。天然素材を使用しているものは、それだけ体にも優しく、吸収されやすいのです!

サプリメントの成分が全部表示されていないものは、まずは避けるべきと言えるでしょう。さらに、口コミ、お試しなどがあるかどうかもチェックしたいポイントです。実際にサプリの効果が感じられるまで、最低2か月は飲んでみたいものですね。

へスペリジン効果について調べてみました

身体を冷やす食材と温める食材

みなさんは、「体の冷え」を気にかけたりしていますか?体の冷えは、万病のもと。できれば、体を冷やす食材は避け、体を温める食材を積極的に摂取したいものですよね?ここでは、体を冷やす食べ物、体を温める食べ物について触れています。

<毎朝コーヒーを飲んでいる方要注意!>
例えば、朝。起きたらすぐに、温かいコーヒーで眠気を覚ましている方も多いのではないでしょうか?朝のコーヒーの香りに誘われて、布団から起き出せるという方もいらっしゃるかと思います。ところが、温かくして飲み、体を温めているような気がする緑茶やコーヒーは、体を冷やす働きがあるものなのです。朝のコーヒーがやめられない、という方は、体を温める効果のあるものと一緒にコーヒーを飲むのが理想的ですね。

<体を冷やす食べ物とは?>
体を冷やす食べ物の代表例といえば、サラダによく使われているレタスやトマト、キュウリ、キャベツ、それにナスも体を冷やすといわれています。サラダばかり食べているというダイエット中の方の体は冷え切っている、といっても過言ではないかもしれません。

さらに、海藻類だと昆布が、魚介類だとアサリやしじみ、それにカニ、タコも体を冷やすといわれています。お豆腐も体を冷やす作用があり、ダイエット中、ご飯を豆腐に置き換えている方は気を付けたいですよね。

また、意外かもしれませんがそばや小麦は体を冷やす効果があるため、そば、うどん、パンは体を冷やしてしまう食材と考えましょう。

果物では、夏に食べたくなるスイカ、それから秋の代表、柿、梨、さらに年中で回っているバナナも体を冷やすといわれています。バナナといえば朝ごはんに1本食べたり、スムージースタンドなどで朝食代わりのスムージーとして飲む方もいらっしゃるかもしれませんが、気を付けたいですね。さらに、上白糖は体を冷やすといわれているため、甘いものも体を冷やしてしまうといえるでしょう。

<体を温める食べ物とは?>
体を冷やしてしまう食べ物を食べるとき、一緒に摂取したいのが体を温める食べ物です。野菜では、にんじんや長ねぎ、玉ねぎ、ゴボウ、レンコン、カボチャ、生姜、それにニンニクやニラ、山芋などがあげられます。うどんを食べるときは、意識してこういった野菜をどっさり入れてあげるとよいでしょう。ぶどう、プルーン、さくらんぼ、いちじく、あんずなどは体を温める果物と言われています。

身体が冷えるとどうしてダメなの?

冷えは万病のもと、と言われていますよね。「冷え性で」なんて言葉を耳にされる女性をよく見かける、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

冷えは、単なる体が冷えた状態と軽く考える方も多くいらっしゃるかもしれませんが、実はこの「冷え」は大きな病気、脳血管障害、心疾患、がんなどのもとになるのでは、と最近注目されているそう。そこで、ここでは「冷え」について、一緒に考えてみましょう!

<冷えってなに?>
体が冷えた状態になっていると、手足が冷たいだけではなく、肩こりが発生したり、しびれを感じたりと、いろいろな症状を引き起こしてきます。環境のほかにも冷えは、精神的ストレスで引き起こされてくることがわかってきました。

例えば、就職、転職、移動などで新しい環境に身を置くと、はじめは体が戦闘モードになり、体温が上がるそう。ところが、精神的ストレスが自律神経をみだし、しばらく経つと今度は体が冷えてくるそう。

体が冷えると、血の流れが悪くなり、血液がドロドロに!血液がドロドロになると、欠陥が詰まりやすいのかな、と思われるかもしれませんが、実は酸素や栄養が体の隅々まで届かなくなることで、老廃物も体にたまってしまい、体の中に悪いものがたまってしまうのです。さらに、体温が1度下がると、免疫力が3割以上低下するとも!冷えは怖いもの、と考えることが大切です。

<対策としては?>

スポーツなど体を動かす、自分の好きな趣味に夢中になるのは、ストレス対策にも◎。体を温める食材を取り入れることもまた、意識していきたいですね。

さらに子供のころから体を温める習慣を身に着けることも大切なので、お子様がいらっしゃる方は小さいころから体を温めることを言い聞かせ、実行していきましょう。体全体を温めたい人は、おへその下にホッカイロを貼るなどして、全身が暖かくなるポイントを押さえるのも大切です。

食事は、できれば冷たい食べ物や飲み物は避け、体を温めてくれるものを意識して選びましょう。体が冷えていると感じるときは、冷え対策を万全にすること、さらに普段体の冷えを感じないときも、体を温め続けることが大切ですよ。